取り組み

自動化・システム化

  • 自動化・システム化
  • 弊社は、積極的に自動化・システム化を推進しています。

    2010年 デジタルアソートシステム(DAS)導入
    輸送容器(コンテナ)洗浄機導入
    2015年 電動式の移動式ラック導入
    2019年 冷凍自動倉庫とデジタルピースソーターを導入
    大型洗車機導入
    2020年 RPA(Robotic Process Automation)を導入

    など、自動化を行うことで従業員の負担軽減や安全確保、業務の正確性向上や、効率化が図られています。

    常に新たな技術を導入し続けることで、より良い品質のサービスをお客様にお届けしています。

再生可能エネルギーの導入

  • 再生可能エネルギーの導入
  • 弊社はお客様の荷物をお届けするという仕事柄、化石燃料の消費が不可欠です。
    限りある資源を使用する私たちの責任として、環境負荷低減に積極的に取り組んでいます。

    • クラウド型デジタルタコグラフの活用によるエコドライブの実現
    • 各棟照明はLED照明を利用
    • 本社をはじめ、各営業倉庫屋上に太陽光パネルを設置
    • 敷地内の風車による風力発電
    • 三重県内外8か所に発電所を所有

    など、節電や再生可能エネルギーの導入に力を入れており、発電所は事業所のある川越町内や、滋賀県、千葉県、埼玉県など全国に所有しています。
    次の世代へ豊かな環境を残していくため、保全活動を通じて社会に貢献し続けます。

地域未来牽引企業

  • 地域未来牽引企業
  • 今後の地域経済への貢献等が期待される企業として2017年に「地域未来牽引企業」に選出されました。

    「地域未来牽引企業」
    経済産業省により選定された、地域経済の中心的な担い手となりうる事業者 ※経済産業省HPより

サッカー部

  • サッカー部
  • 弊社は2010年に前田運送株式会社サッカー部を設立いたしました。
    各周辺自治体のサッカー協会が運営するリーグに登録、お陰様で優秀な成績を収めております。

    実は、弊社社長は大のサッカー好きです。
    同じくサッカー好きの社員の声を受け、福利厚生の一環としてサッカー部が発足いたしました。

    登録人数は現在25人。四日市リーグと桑名リーグに所属しています。
    学生時代にサッカーをやっていた、経験がなくてもサッカーに興味がある。
    そんな方は前田運送サッカー部に入部しませんか?

    また、弊社はJFLのヴィアティン三重のスポンサー企業です。その活動の一つに、ヴィアティン三重の選手の就労受け入れがあります。

    練習や試合を中心にした生活を送りながら、仕事を探すことは簡単ではありません。そんな選手の皆さんが、サッカーへも仕事へも全力で取り組んでいただけるよう、受け入れを行っています。